低用量ピルの「トリキュラー」ってどんな薬?ピル未使用者でも分かる効果と副作用

トリキュラーってなに?

低用量ピルは、毎日服用することで避妊効果を得る避妊薬です。その中でもトリキュラーは日本において最もポピュラーな経口避妊薬であり、初心者でも使用しやすいことから、多く女性が服用しています。

飲み忘れは効果がなくなるので注意

トリキュラーには、1シートで21錠タイプと28錠タイプがあります。
28錠タイプは生理期間である7日間分は、薬効の入っていないプラセボと呼ばれる有効成分を全く含んでいない偽の錠剤なので、初めて使用する人にとって飲み忘れを防ぐのに適しています。
21錠タイプの場合は、21錠飲んだら自分で生理期間を7日間数えて、7日間経過したら次のシートを服用していくタイプです。慣れてきたり飲み忘れなどをしない人であれば、こちらのシートでも問題ないでしょう。

両方のタイプとも、飲み方や効果の違いは特に変わりはありませんが、忘れっぽい人は28錠タイプのものが良いといえるでしょう。低用量ピルの避妊成功率は99.9%と非常に高いのですが、飲み忘れたり間違って服用したりすると避妊効果が得られないこともあります。飲み忘れをしてしまった場合、性交渉を行う時にはコンドームなどの他の避妊方法をするようにしましょう。

特に、トリキュラーはエストロゲンとプロゲステロンの配合量が違いますので、絶対に飲み間違えてはいけないことが前提です。そのため、飲み間違えてしまう恐れがあるという人は、女性ホルモンの配合比が一定である一相性のピルを選ぶようにするのが良いかもしれませんので、一度婦人科で相談してみるのも良いでしょう。

トリキュラーの副作用はとても軽い

初めて服用すると、個人差はありますが、軽い副作用が出ることがあります。

トリキュラーは三相性のピルなので、体内に入ってくるホルモン量が少なく体へ負担は少ないことが特徴ですが、場合によって吐き気やむくみなどの副作用が出ることがあります。

薬に慣れてくると、徐々に副作用が出ることがなくなり落ち着いてきますが、体質によっては合わないこともありますので、しばらく飲んでいても副作用がおさまらない場合には、婦人科で別のピルに変えてもらうのも良いでしょう。

避妊以外の効果

トリキュラーを始めとする低用量ピルは、避妊効果だけでなく女性特有の体の不調にも、効果があるとされています。

子宮内膜を薄くする作用もあるので、月経方による貧血を軽減したり、重い生理痛やPMS、更年期障害の症状の緩和などにも有効だとされています。また、生理や排卵を繰り返すことで、発生しやすくなる病気の予防にも有効ですので、一度服用を検討してみてはいかがでしょうか。