低用量ピルを飲むと避妊以外にもどんな効果が期待できるのか?

低用量ピルは経口避妊薬です。コンドームより確実に避妊ができるとして、先進国では有名です。

コンドームは、男性の協力がないと使うことができませんが、低用量ピルは、女性が自分できちんと避妊対処できる方法です。望まない妊娠をしないために、女性が自分自身を守る方法として常用する方が増えています。

低用量ピルは避妊以外にどのような効果をもたらしてくれるのでしょうか?

低用量ピルのホルモンで妊娠と錯覚することで避妊薬となる

まず、低用量ピルには女性ホルモン類似成分が含まれています。

その成分が体内に吸収されると、脳が身体が妊娠中と錯覚し、排卵を抑制するのです。また、性交渉により精子が入ってきても子宮に入るのを防ぎます。そのため、受精ができず妊娠に至らないのです。

生理不順などの婦人科系の改善

避妊薬としての認識が高い低用量ピルですが、避妊以外にも女性にとって嬉しい効果があります。

まず、低用量ピルを服用することによって、月経をコントロールする効果があるので、生理不順を改善することができます。また、女性の中には酷い月経痛や生理前のイライラ感を生じる月経前症候群などを感じることも多いですが、緩和する効果があります。月経痛は子宮内膜の増殖により生じますが、ピルの成分にはこれを抑える作用があり、そのため痛みを緩和することができるのです。

また、生理中の大量の出血を抑える効果もあるので、外出も気にせずに行くことができます。

そして、月経前症候群である生理前のイライラは、体内のホルモンバランスの乱れによるものですが、ピルの成分にはそのホルモンバランスを整える作用があります。そのため服用することによりイライラ感を抑える効果があります。

生理によるホルモンバランスの乱れは、ニキビや吹き出物など肌荒れを引き起こす原因ですが、ピルを服用するとそのような肌荒れも改善することができます。

さらにピルを服用し続けると、子宮ガンや卵巣がんになりにくくなる効果もあります。このようにピルには、避妊以外にもたくさんの効果があるのです。

効果を得るには1日1錠忘れずに服用する

ピルの服用の仕方は簡単です。1日1錠服用するだけでいいのです。

しかし、毎日忘れずに服用する必要があります。飲み忘れると再度、服用の仕方を調整しなければいけません。1回忘れた場合は、翌日に2錠服用すれば大丈夫ですが、2回以上飲み忘れると生理が始まるので、調整が必要です。また、服用を始めるにあたり、使い始めは妊娠初期のような吐き気や倦怠感、頭痛などの副作用がありますが、次第になくなるので心配いりません。

低用量ピルを服用を考えたときに、避妊効果があるため、使い続けることで不妊を心配する人も多くいるようですが、ピルの服用で不妊症になる恐れはありません。妊娠したくなったら服用を止めるだけで避妊の効果はなくなります。

このように、低用量ピルは安心して避妊できると共に、女性に嬉しい効果もあります。重い生理症状や生理不順などでお悩みの方にはおすすめです。