低用量ピルはどうして成分量が異なるの?一相性ピルと段階型ピルの上手な使い分けは?

低用量ピルは、相性などを考えて投与されるので、体調に合わせて短期間で、いろいろなタイプのものを投与される場合があります。

まず低用量ピルは、卵胞ホルモンの量を50μg未満のものをいい、一相性ピルと段階型ピルに分かれています。段階型ピルは二相性ピルと三相性ピルに分かれていて、三相性ピルは漸増型と中間増量型に分かれています。文字だけで見ると難しそうで何が違うの?と思われる人も多いと思いますが、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの量の違いや、段階で黄体ホルモンの量の増減があるということです。

一相性ピルについて

一相性ピルは、全て同じホルモン比率で作られています。ですので飲み間違えることがなく、簡単に飲めるのが特徴となっています。しかし、プラセボ(偽薬)のあるタイプを服用している人は、順番は間違えてはいけません。通常に服用する日に、プラセボを飲んでしまっては意味がありませんので、それだけは注意しておきましょう。

ちなみに中・高用量ピルは、この一相性ピルしかありません。

段階型ピル:二相性ピルについて

二相性ピルは、ホルモン比率が2段階で変化をしていきます。前半と後半に分かれていて、後半に黄体ホルモンの量を増加させて作られています。飲む量を増やしたりということはありませんが、ホルモン比率の順番通りに服用しないといけないので、注意をしておきましょう。

段階型ピル:三相性ピルについて

三相性ピルはホルモン比率が3段階に変化をしていきます。販売している製薬会社によって多少の違いがありますので、医師に相談して決めることをおすすめします。

  • 三相性ピル:漸増型

漸増型は黄体ホルモンを3段階に分けて増やしていきます。

  • 三相性ピル:中間増量型

中間増量型は2段階目で黄体ホルモンを増やし、3段階目で黄体ホルモンを減らしていきます。三相性ピルも飲む薬によってホルモン量が変わってくるので、順番通りに服用するように注意をしておきましょう。

低用量ピルは体調に合わせて選びましょう

女性ホルモンが乱れた場合には、一相性ピルから二相性ピルに投薬を変化させたり、それでも体調が悪い場合には、三相性ピルに変えるなどして、一番相性のよいピルを飲み続けるようにします。

一相性ピル・二相性ピル・三相性ピルの基本的な効果に、違いはありません。体調に合わせて服用するのが一番いいでしょう。ホルモンの量が変化する二相性ピル・三相性ピルは、比較的体に優しいと言われています。

一相性ピル・二相性ピルは、製薬会社が違っていてもホルモン比率や増え方は同じですが、三相性ピルは製薬会社によって違いがあります。服用する前にどのように変化するのかは、きちんと確認をしておいた方がいいでしょう。